Pocket

真夏の熱中症対策

皮膚筋炎・強皮症の患者さんにとって

夏は、冬に比べたら

かなり過ごしやすいです。

しかし、症状によっても、様々ですが

家の中にいても熱中症対策に

ならないように予防・対策が必要ですね。


スポンサードリンク


お水で食器が洗えるようになった

食器を洗う

3年くらい前から

夏は、お水で食器を洗うことが

できるようになりました。

・・・と言っても

マンションのせいか、相当暖かい水です。

それでも、それまでは、夏でも水で洗うと

手が冷えて痛かったのに

私にとっては、少しでも回復したという

実感があって、うれしいです!

できらた、本当は食器洗い機があれば楽なのですが

置くスペースがありません。

ゴム手袋は冬は必需品ですが

夏は汗でムレてしまって

気持ちが悪いのでしません。

指は相変わらず曲がったままですが

痛くないだけでも

やっぱり夏がいいです!

頭ばかりのぼせて、足元は冷えます

去年、ダスキンのエアコンクリーニング

をしてもらってから、

クリーニング前より温度設定が1度から2度

高くても快適になりました。

風が弱くても十分に効きます。

それと、寝て2時間後に切れるようタイマーをして

早朝は外の温度が上がる前にエアコンが入るよう

タイマーを設定しています。

しかし、環境は整っても、水分補給がいります。

お水や麦茶だけではダメで塩分が必要です。

たしかに、汗をかくと塩分を失いますが、

だからといって、過剰な塩分摂取は

また、新たに病気を引き起こして

しまう可能性もあります。

私の場合、頭ばかりのぼせてしまって

汗が出るのに、足元は冷たくて

夏でも、靴下は手放せません。

ひどい時は、手は鳥肌が立つほど

寒いのに、首から上は汗をかくほど

暑いので、暑いのか寒いのか

わからなくなる時があります。

こんな状態でも、熱中症対策は必要です。

冷えピタシートの再利用

冷えピタシートの再利用

どうしても、頭が熱くてぼーっとする時は

冷えピタシートをおでこに貼ります。

体温で温まった冷えピタシートは再利用します。

冷えピタシートに水を含ませて

びちゃびちゃの状態にします。

皮膚に貼り付ける、粘着剤側同士が

付くようにして、二つ折りにします。

それから、フリーザーパックに入れ

空気を遮断します。

そして、冷蔵庫で冷たくなるまで保存します。

この方法だと

あと2回くらいは使えますよ。

ちょっと・・・貧乏人くさいですが

お試しください(笑

塩昆布で塩分とミネラル摂取!

塩昆布で熱中症対策

お茶を飲む時

一緒に2,3枚、塩昆布を食べましょう!

昆布はミネラルや植物繊維が豊富で

カロリーも低め。

昆布にはナトリウム・カルシウム

などミネラルをはじめ

鉄・亜鉛・ヨウ素など

他の食材では摂取しにくい

栄養素がバランス良く

含まれています。

また、昆布のヌルヌルは

アルギニン酸、フコイダンという

植物繊維の一種で、

体内の不要な物を

排出できる整腸効果があります。

塩昆布って老舗の物は結構お高いですが

スーパーのよりは断然おいしいので、

お得パック(形の崩れた物が入っている袋)を

購入しています。

塩昆布を食べながらお茶を飲むと

辛いのでお茶もたくさん摂れますよ。

水分補給が楽にできます。

にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ
にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

ランキングにエントリーしています
応援よろしくおねがいいたします


スポンサードリンク


Pocket